おすすめ韓国ドラマ  ★つぶやきブログ★ コーヒーハウス 8話までの感想
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)



コーヒーハウス 8話までの感想 

イ・ジンス役/カン・ジファン ソ・ウニョン役/パク・シヨン カン・スンヨン役/ハム・ウンジョン ハン・ジウォン役/チョン・ウンイン

コーヒーハウス



8話までの感想ですが、カン・ジファン演じるジンスが
個性的というかクセがある役柄。

ドラマとして遠目で見るには良いけど、絶対に
傍にいて欲しくないタイプ。



スンヨン役のハム・ウンジョンは今回お初ですが
特別美人でもないけどなかなか可愛らしい役柄です。
天然、鈍感ガール。 ここまで鈍感でないとジンスの秘書なんて無理だよね。

8話まで見てても今いち、ドラマの意図が不明
分かりやすいドラマだと1話の30分くらいで、
この人とこの人がいい関係になるのねって分かるんだけど
今のところ全く分からない私は鈍感ガールでしょうか???
(ガールって年柄でもないけど・・・・ミアネ)

それでもってここまでで大した事件や出来事もないんだけど
コミカル場面が楽しいです。

ここまでで一番笑ったのが寡黙な青年ドンウク。
スンヨンは最初ドンウクがあんまり寡黙なもんだから
耳が聞こえないと勘違いしてて手話で一生懸命に会話
しようとするんだよね。
でも寡黙なだけって分かって。
それで、ドンウクが寡黙なキャラだった筈が
スンヨンの事が好きになり・・・・・この人全然寡黙じゃないやん!!
スンヨンと二人で映画に行く約束をするんだけど
天然、鈍感ガールのスンヨンはジンスを連れていきその時のドンウクが面白すぎ。
目でジンスに訴える場面はギャハハ!!!です。


ドンウク役のパク・ジェジョンって
「アイ・アム・セム」でいい味出してた室長さんよね。
今回は別の意味でいいダシ出てまっせ~

arrow_nnnn.gif
arrow_nnnn.gif
arrow_nnnn.gif
arrow_nnnn.gif
パク・ジェジョン


と、ここまででドンウクの話題ばっかなんですが
このドラマは今どこに向かってるんでしょうか????


さっぱり分からないけど、笑える場面が多くて
退屈ではないんで、見続けるとします。









[2011/02/25 17:44] コーヒーハウス | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haru1011.blog93.fc2.com/tb.php/98-a003b710


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。