おすすめ韓国ドラマ  ★つぶやきブログ★ 「どれだけ好きなの」 視聴終了 【全125話 感想】 
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)



「どれだけ好きなの」 視聴終了 【全125話 感想】  



どれだけ好きなの 全125話 2006年MBC 6.gif


どれだけ好きなの

ソ・ドンス役/キム・ジフン
イ・ソンジュ役/チェ・ヨジョン
オ・ヒョンチョル役/チョン・チャン


「どれだけ好きなの」の詳細をこちらをクリック!


途中までは面白かったんだけどなぁ・・・


以下、感想(ネタバレあり)




4月から視聴開始してたので、およそ5ヶ月がかりで見ました。

1話30分だし、週に一度の5話一挙放送で毎週見てたので、気軽に見る事ができました。

ホームドラマは好きな部類なんで楽しめましたが、終盤が・・・残念

なんていうか、ドンス一家の一致団結ぶりが最初は仲良くていい家族だなと
思ってみてたけど、ソンジュ父の罪が明るみになった際のソンジュへの扱いが
ひどくて、何よりしつこい!!!!!
それに、ソンジュ父のマンボクもさっさと謝ればいいものの、最後の最後まで
引っ張りやがって!!!

ドンス一家がマンボクを許すまでのストーリーが本当に長かったと思うけど
そのわりに、マンボクを許す際の内容が拍子抜けでした。
それで、ドンス父が最後には癌で亡くなり、ドンス祖母は最後には痴呆症に
なってましたけど、この終り方が一番納得できないくて残念でした。

最後はみんなまとめて(マンボク以外)ハッピーエンドでよかったのに
結局、ドンス父が最初から最後までかわいそうで嫌でした。

ドンス一家とマンボクの事件の件を引っ張りすぎずに、
最後はドンス父も生きててハッピーエンドだったなら
結構好きなドラマだったのになぁ。

メインストーリーはイマイチでしたが、サイドストーリーがなかなか
笑いありで楽しかったので、それなりに楽しめましたけど・・・・

ヒョンチョルがジェヒを最初は利用するために近づきながらも
最後には本当の愛に目覚めていくという、ある意味、単純明快な感じも
結構好きだったし、アラに好かれてうざがってたドンソクがいつの間にか
アラの魅力に気付き、アラのおかげで大人になってく姿もこれまた単純明快ですが
結構好きでした。

ヘジュとスチョルの話しはどうでも良かったけど、二人で冷凍庫に
閉じ込められる件とかのベタベタな展開など、時々面白エピソードが盛り込んであって
それも結構好きでた。


しかし終盤の脚本の荒さは否めないと思います。

で、沢山登場人物が出てきましたが、誰が一番好きかというと・・・・

男性は何気にスチョルが一番好きでしたww
なんだかんだで、最初から最後まで一番まともな考えの人で
おまけに明るくて、いつも兄のヒョンチョルを心配する姿も素敵でした♪

そして、女性では・・・ドンスの妹のジェヒが性格良くていいんですが
私は、ソンジュの叔母(マンボクの姉)が一番好きです!!!
次々とマンボクの悪事が明らかになっていき、ソンジュ一家は
暗くなっていくものの、この叔母が時々訳のわからんこと言うのが
面白くて、笑わせてもらいました。


後半突入くらいまで、
非常に面白かったドラマです!










ブログランキングに参加中!!
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




[2011/09/27 15:40] どれだけ好きなの | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haru1011.blog93.fc2.com/tb.php/280-6adee492


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。