おすすめ韓国ドラマ  ★つぶやきブログ★ イルジメ(一枝梅) 視聴終了【全20話 感想】
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)



イルジメ(一枝梅) 視聴終了【全20話 感想】 



イルジメ(一枝梅) 全20話 2008年SBS


イルジメ7


ヨン役(イ・ギョム/イルジメ)/イ・ジュンギ
ピョン・シフ役(チャドル)/パク・シフ
ピョン・ウンチェ役/ハン・ヒョジュ
ポンスン役/イ・ヨンア



イルジメ(一枝梅)公式サイトはこちらをクリック!


イ・ジュンギの魅力が、ただ事ではない!!

以下、感想(ネタバレあり)





素晴らしい!!!とってもとっても、いいドラマでした♪

このドラマのイ・ジュンギくんの魅力は、ただ事ではないわぁ・・・

まず、ドラマのテーマとしては親子愛がメインですね。
主人公ギョム(ヨン)の子供時代から物語りが始まりますが、
凄い人生だよ・・・。幼い子供が目の前で父親が殺される姿を目の当たりにし、
生き抜くために、母に石を投げつたり・・・
目の前で父親が八つ裂きにされる姿なんかみたら、そりゃ記憶がぶっ飛ぶ位の
衝撃だよ。序盤の子供時代からして引きこまれる要素満載でした。


もう、心に残ることがいっぱいのドラマ過ぎて、何から感想書いたらいいか
訳分からんくらい、素敵なドラマでした。
なので、ちょっと順番づつまとめました。


■ヨンとシフの数奇な運命
腹違いの兄弟で、二人はイ・ウォノという同じ父親の子供なのに
お互い知らずにヨンはイルジメとして父親の復讐を誓い、シフはイルジメを
捕らえるために躍起になります。

シフ

ヨンもシフも育ての親が同じってことも数奇だなぁ。
育ての父親セドルがよく言ってたように本当にどちらも「かわいそうな子」です。
最後の最後にシフが自分の本当の父親が分かりイルジメとなったヨンに
「俺もイ・ウォノの息子だ」って言って一緒に戦うラストシーンが大好きです。
ていうか、この兄弟、どっちも素敵過ぎるんですけど・・・
シフがヨンとセドルとタンの家族爛々の姿を影から見つめてる姿が本当に
切なかったです。
父親の復讐のために生きるヨンと何も知らずに全てを後で知ったシフ。
もっと、もっとお互いに早くイ・ウォノという同じ父親の兄弟だって
分かっていたら、それこそ最強だったんじゃないかな???
だけど、最後の最後にでも真実をお互い知ることになりよかったです。






■育ての父、セドルの存在
セドルって、凄く情が厚くて、愛情が溢れる人なんです。
「愛しのタン」って言葉が大好きです。

セドル2

この歯が抜けてる笑顔!!!本当見る人を幸せな気分にしてくれるよね。
血の繋がっていないヨンとシフへ本当の親子以上の愛情を注ぎます。
最初はシフを育て、泣く泣くシフを手放すことになり
そんな頃、記憶を失ったヨンを拾いタンと一緒に育てます。
離れ離れになったシフの事をただただ影ながら心配し見守る姿や
ヨンの事を「俺と顔がそっくりだ」って言いながら嬉しそうにヨンの事を
話す姿がとても良かったです。
ヨンがとってもお茶目で明るくて優しい青年に育ったのは、きっとセドルの
影響が大きいと思います。

そして、何と言ってもヨンがイルジメだと知った後の行動が何とも
セドルらしいというか・・・・・
ヨンの身代わりにイルジメになる事によって、ヨンは助かり、捕まるのなら
シフの手柄として捕まるって考えが本当にセドルらしいっていうか。
特に何の取り得もない自分の事をよく分かってるセドルが出した答えだよね。
ただ、捕まっても直ぐに解放されるって思って出た行動だけど、極秘の話しを
聞いたと疑われた為に殺されてしまいます。
本当は、居眠りしてて何も聞いてなかったのにね・・・・・・
セドルが死んでいくシーンが一番悲しくて泣いた場面でもありました。
でも、最後に「愛しいのタン」と愛し合えて良かったです。

余談ですが、セドル役を演じたイ・ムンシクさん。
歯はこの役柄の為に本当に抜いたそうです・・・・
それにしても、セドルなくして、このドラマは成立しません。
本当に素晴らしい演技でした!!!!!!!!






■ただの泣かせるドラマではない!!!
泣けるドラマって沢山ありますよね。でも、このドラマは「泣ける」ってだけじゃ
ない心に染みる感情が渦巻くドラマです。
登場人物それぞれに痛みや辛さがあり、それが非常に分かりやすく上手に描かれてました。
たった20話でまとめたのが凄いと思います。
登場人物の何気ない行動や台詞だけで、ジーンとくる場面が
随所にあります。
だから、私はこのドラマを見て退屈に思えるシーンはなくて
笑ったり、キュンとしたり、切なかったり、悲しかったり、感激したり
とにかく見てて感情が忙しかったドラマでした。






■イ・ジュンギがただ事ではない位、かっちょええーーー

セドル風でいうと、まさに「かっちょええーーー」です!!

イルジメ2


尋常ではない格好良さ!!!!!

なになに???イ・ジュンギくんってこんなに素敵な俳優さんだったのかい??
「マイガール」と「ヒーロー」は見ましたが、ジュンギくんの魅力に
あまり嵌った事ないんですがね・・・・・
今回、見事なまでにドストライクでした。なに?こんなに格好良かったの???
って、ただただ驚きです。
韓国ドラマを見始めて早5.6年経ちますが、まったくノーマークだったジュンギくん。
一時期、世間がジュンギ、ジュンギって時期があったんですよね。
確かピークはやっぱり「イルジメ」が放送されたあたりから、
「へぇー、ふーん」ってまるで気にしてなかったんですけど。
今更ながら、気になりまくりですwww
そして、こんな時に限ってジュンギくん、兵役中なのさぁ。
なんなのよ!!!いったい、このすれ違いは!!!
今は、これまでジュンギくんの魅力に全く気付かず過してきた自分を
ブン殴りたい気持ちでいっぱいです!!!!!!
いやーーー、すっかり虜です(笑)
密かに、ジュンギくん目当てで、もう1回「マイガール」と「ヒーロー」が
見たいくらいです。
とにかく、人懐っこいヨン役も可愛くて仕方ないし、復讐に燃えるイルジメ役も
素敵だし、一人孤独に泣く姿も最高でした♪
素敵とか最高とか格好良いとか、月並みな単語しか浮かんでこない
自分の文才にもがっかりですが、本当に素敵で最高で格好良い!!!
除隊まで待ち遠しいけど、ジュンギくんの入隊中の様子とか書いてるブログや
ニュースを見ながら楽しみます。
ただただ、イ・ジュンギという素晴らしい俳優さんに出会えた
ドラマに感謝です。
これから、どんどん応援しますよ★





うわーーー、もっともっと語っていたいんですが、そろそろ
長文となってきたので・・・・・

最終回まで見て、ちょっと疑問に思ったこともあるので、
そこんとこもまとめました。



■イルジメは死んでしまったの???
これはご存知の方は多いと思います。
実際、最後までみて疑問だったので早速調べたところ、すぐに情報を入手できました。
ヨンは父親ウォンの教えに基づき最後に対決した王様の護衛武士サチョンを
剣で刺すことはなく、その場を去ろうとするんだけど、サチョンが背を向けたヨンを
背後から斬りつけます。そして、ヨンが倒れて数年後になるんだけど・・・・
結局、サチョンが使った剣はヨンの剣だったんだよね。
ヨンは武術を教えてもらったコンガルの教えで刃のない剣を使ってたから
ヨンは死んでないってことです。
最後のシーンで靴屋のフンギョンがコンガルに靴を配達するんだけど
その時に靴が2足あったことから、ヨンがコンガルと暮らしてるってこと
なのかなぁ。




■最後に、なぜイルジメはウンチェに素顔を見せなかったか?
これは、私の勝手な妄想です。
最後にヨンができたウンチェへの唯一の事じゃないかなぁ。

ウンチェ

ウンチェの中では、初恋の人=ギョム=イルジメって図式が成立してました。
だけど、そこにヨンはイコールとはなってなかった。
いつも軽薄でいい加減で頼りないイメージしかないヨンだったから・・・・
ウンチェが素顔を見たいと言った時、一目見て思いを秘めて生きていくって
感じの事言ってたから尚更、それなら今のままでヨンの正体を明かすことはないって
気持ちだったと思います。
だって、仮にヨンがイルジメとギョムとイコールだったとしても
絶対結ばれる事はないっ分かってたはずだし。
ウンチェが済州へ行く時にヨンが見送りに行きましたが
ヨンの気持ちを考えると非常に切ないです。

ただ、私は素顔を明かさなくて良かったと思います。
この選択はヨンがウンチェにしてあげられる唯一の事。
実にヨンらしい優しさだと思います。




■ヨンとポンスンってどうなったの????
何か、最後よく分からない感じでしたが・・・・・
調べてみると、実はドラマの作り手は、ヨンとポンスンは
一緒になる設定にするらしかったんですが、
ヨンとウンチェが一緒になって欲しいっていう視聴者の意見が
多数だったそうです。
だから結局ポンスンとヨンは曖昧な感じで終ってるんだよね。

ポンスン
うーん、私は最初から最後までヨンとポンスンが一緒になって
欲しいって思ってましたけど・・・・・・
ウンチェは、本当に心が優しくて、このドラマでいう所の
「高貴な女性」でしたね。だから、ヨンやシフが惹かれるのもよく分かるんですが
やっぱり、今まで辛い境遇でも一生懸命生きてきたポンスンに幸せに
なって欲しかったな。
それと、結局ポンスンはコンガルの事は許したって解釈していいよね。
許すも何も、きっとポンスンの中では最初から分かってたことだと
思うけど・・・・・・
想像上だけで、ヨンとポンスンがいつもの調子でふざけながら
仲良く過してる事とします。




いやーーー深いね、このドラマ。
見た人によって様々な解釈はできると思いますが・・・・・

最後にオマケです。






シワン
ウンチェの兄、シワン。
父親そっくりの性格で親子共々憎たらしい!!!!
でもね、シワンったら子分と思ってるヨンに
まんまと躍らせれてるバカさ加減が良かったよ。
ただ、シフに意地悪したり、序盤にヨンのこと苛める姿は
大嫌い。でも、シワンを利用してるヨンのしたたかさが
痛快でした。
ところで、ウンチェってあの性格、突然変異ですよね。
母親も意地悪だし。実はウンチェにも出生の秘密があったていうのも
結構面白いかも!!!続編があったら何でウンチェだけあんなに
性格が違うのか教えてほしい・・・・




イルジメ4

どーん!!
特に意味はないけど面白い画像だから載せました!!
こんなシーンありましたよね。
コンガルもセドル同様、いいダシが効いてる親父さんでした♪
おバカな時と戦ってる時のギャップが良かったです。




そして、最後は・・・・・・・



やっぱり・・・・・・・








この親子!!!







セドル
ヨン!!かっちょええーーー













イルジメ3
ほんと、素敵だわぁ・・・・・・







ブログランキングに参加中!!
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




[2011/06/27 19:25] イルジメ(一枝梅) | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haru1011.blog93.fc2.com/tb.php/241-43526517


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。