おすすめ韓国ドラマ  ★つぶやきブログ★ エデンの東 全56話  2008年MBC
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)



エデンの東 全56話  2008年MBC 

ふつうusagi ふつう

イ・ドンチョル役/ソン・スンホン
イ・ドンウク役/ヨン・ジョンフン
キム・ジヒョン役/ハン・ジヘ
シン・ミョンフン役/ペク・ヘジン
ミン・ヘリン役/イ・ダヘ
クク・ヨンナン役/イ・ヨニ

bloguenomariko081006.jpg

1960年代から2000年代を舞台にしたドラマ。

ある陰謀により、父親を殺された兄弟が、復讐のために
激動の時代を生き抜く物語。

炭鉱町で生まれ育ったドンチョルとドンウクは、父親が働く炭鉱会社の
社長テファンの陰謀により父親を亡くす。
二人は父親の復讐を果たすために生きると誓うが、テファンの差し金により
ドンチョルは少年院に送り込まれ、マフィアとなって成長する。

一方、弟ドンウクは母親の期待に応えるべく、ソウル大学に首席で合格し
やがてやり手の検事として成長する。

しかし、二人の運命には残酷な悲劇が潜んでいた。

実は昔、テファンの愛人だった看護師ミエが、テファンに捨てられた恨みから
テファンの生まれたての赤ん坊を別の赤ん坊と入れ替えたという、とんでもない
真実があった。
どんな時も互いを信頼し、強い絆で結ばれている、ドンチョルとドンウクだが
その運命をすり替えられたられた赤ん坊こそ、ドンチョルの弟ドンウクであった。

やがてテファンの息子ミョンフンが、実はドンチョルの実の弟で、復讐をちかった
テファンこそ、ドンウクの実の父であった事実が発覚し、ドラマはさらに怒涛の展開となる。


以下、感想(ネタバレあり)

line_flower_a_01.gif


出演者が豪華ですね。この出演者を見ると、絶対見たくなりますよね!

兵役後のソン・スンホン復帰作であり「夏の香り」以来、
5年振りのドラマ出演だったそうです。
ソン・スンホンは、前半のマカオで貧乏暮らししている時代が
一番かっこよかったですね。

まず、前半はサクサク見れて、早く続きがみたい!!って
先が気になりました

でも、ドンウクがテファンは実の父親と知ってしまい
豹変するあたりから、少しイライラしました

ドンウクの豹変振りが、全く共感できず、むかむかしておりました。

でもドンウク役のヨン・ジョンフン。私、何気にこの人好きなんです

たぶん、「白雪姫」の時の鈍感で男前な役を見てからなような・・・
何か、声がいいんです・・・・
少なくとも、私の中ではソン・ソンホンより、こちらがタイプなのです。
※どうでもいい余談です

それと、最初から最後まで好きになれなかったジヒョン

初恋相手と結ばれず、ミョンフンの猛烈アタックや、乱暴されて
子供ができてしまい、仕方なく結婚してしまったこと。
確かに可愛そうなんだけど、子供のためだけに生きるってそこ
までは、よく理解できるけど、方向が完璧に間違っておりました

あと、途中降板したイ・ダヘが演じるヘリン・・・
降板して最初の話が変わったであろうとは思いますが、何とも
全てが中途半端でした。余計な無駄を作り出してしまった
だけのような・・・・

それと、ドンチョルの相手役のヨンナンの魅力が分からない
そこまでドンチョルがヨンナンを好きになっていく気持ちが
少なくとも私には伝わってきませんでした。

よくよく考えてみると、一番お気の毒なのは、テファンの息子と
して育った、ミョンフンではないでしょうか??

心根が優しいのに、性悪のテファンの息子であるが故に
自分を偽って生きてきて。
子供の時からドンチョル兄弟を羨ましい気持ちで見ていて・・・
自分もあの兄弟の中に入っていきたかったんでしょうね。
途中、テファンのように生きようするところでは、腹が立つ役でしたが
結果的に、一番可愛そうだったと思います。

また、ドンチョルの母親が・・・・・・
息子を思う気持ちというより、結局、息子たちに復讐、復讐
いい続け、復讐から幸せは生まれないっていう根本的なところを
教えず・・・あとで後悔しておりました。
でも、旦那に先立たれ、激動の時代を生き抜くためには
この復讐心が原動力となっていたのでしょう。

出演者も豪華なんで壮大なドラマにしたかったって作り手の気持ちは
分かるのですが、なんだか無駄に登場人物が多くて、空回り状態で
一番の見せ場の復讐の描き方が薄いと感じました。

余計な話や登場人物を省き、24話くらいにまとめていれば
もっと良かったと思いました。

あと、ドンチョルが人のために自分を犠牲にしすぎ
最後に報われれば、それはそれで良かったのですが、結局報われず
この最後の終り方がすごく、消化不良でした。

だって、今まで何回も死にそうになってるくせに、これから
幸せになれるって時に限り死んでしまうなんて・・・・・
ドラマの最後のテロップを見ながら、ため息をついておりました。

でも大好きな場面が、ギチョル(ドンチョル父)とドンチョルがするあのポーズ・・・
最初、なんじゃこりゃって思いましたが、ドラマの重要部分です。
見ているうちに、このポーズが涙のツボとなりました。

特に私がこのドラマで一番感動した、大人になったドンチョルとドンウクが
再会し、このポーズが出た時がよかったです。

感動冷めやまぬ中、たまたま近くにいた息子にこのポーズをしたところ
はぁって顔をされ現実に戻された私でした


piyos010.gifつぶやき
無駄が多い、なんだかモヤッとでした。

[2010/10/31 21:03] エデンの東 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haru1011.blog93.fc2.com/tb.php/23-01004c75


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。